「心に響く歌声を カンタトーレ」

板倉恵三子の「心に響く歌声を カンタトーレ」に集まれ!
piafblogmiror.jpg
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
facebook
JUGEMテーマ:音楽
この頃 なかなかブログの更新ができない。
忙しい事もあるのだが、いろいろな想いを伝えやすいfacebookがあるからかもしれない。
個人のフィードにも書いているが、音楽の事はfacebookページに書いている。
これは、facebookに登録していない方も読めるので、お知らせします。

私の音楽のページは、
心に響く歌声をcantatore 板倉惠三子

長い名前ですが、
「心に響く歌声をcantatore 板倉惠三子」 で検索してみてください。
 
| cantatore | 歌 うた 唄 | 07:28 | comments(0) | - | - | - |
「河村愼太郎先生、ありがとう!コンサートvol.2」
JUGEMテーマ:音楽

「ありがとう!コンサート」の初めての、合わせが 明日清水である。
初めてで最後の合わせ。
あとは、本番の日のゲネプロのみ。
そして、幕が上がる。
それは、人間として、敬いあい、音楽を感じるハートが 分かり合える仲間だからだ。
53年という時、離れた場所で、それぞれの人生を歩んできた長い時間、
それをいっきに飛び越え、音楽で話しができる。
心が、通う。
不思議な瞬間だ。...

小池さんは、新潟から。
私は、愛知 高浜から。
伊藤さんは、名古屋から。
河村先生とコーラスの皆さんは、清水。
明日は一堂に集まる、嬉しい時間が、待っている。
どこにもない、ここだけのコンサート。
「ありがとう!コンサート」ってふしぎなタイトルでしょ。

四年前のありがとう!コンサートの後、「季刊清水 」という雑誌に書いた文の一部だ。

 飯田地区高橋の家を出て、たんぼや畑の間の細い道を歩いていると、飯田小学校が見える。歌ったり踊ったりの好きな私は、物おじしない性格そのままで小学校にあがった。
たくさんの友達と想い出と感動をくれた六中。そして、私にとって一番の宝物は、三年になった時に転任してきた河村愼太郎先生との出会いだった。
子供たちのありのままを受け取ってくれ、そのまま愛してくれた。先生が六中に赴任してすぐ
吹奏楽部ができた。楽器の数は少なかったが、先生と一緒に教則本をみながら楽器を勉強したことは、私にとって素晴らしい想い出となっている。
 「心にある本当の気持ちを音に乗せよう、溢れる想いを歌に込めよう」という先生の教は、それからの私の人生の真ん中にしっかりとある。六中卒業後、県立清水東高等学校に進学し、二年の夏から、歌とピアノと和声、作曲を河村先生に学んだ。私の中では音楽科へ進もうと決めていたのだが、「大学で音楽の勉強をしたいのだけれど…」と先生に聞くと、優しい声で「惠三ちゃんの好きなことやば良いんだよ」という返事が返って来た。それは、子供を本当に信じているから、音楽の力を信じているからこそ言える言葉なのだと思った。先生の愛を受け取り、私は音楽の道へ進む事を固く心に誓った。そしてお茶の水女子大学音楽科に入学。
卒業後、芸能界デビューのチャンスがやってくるのだが、デビューまであと少しのところで、自分から断ってしまった。そこに私の目指すものはなかったからだ。歌手の道から離れ、町工場の事務員、音楽教室の講師などを経験し、そして、結婚した。
 芸能界デビューを断ってから16年後、私の中の音楽魂がうずいた。「私は、歌いたい!」子育てしながら、喫茶店のママをやりながら、歌の勉強が始まった。また、手話との出合いで、私の世界が大きく拡がった。「聴く音楽」と「見える音楽」が出合い、全ての人々が同じ空間を共有できる「バリアフリーな音楽」これこそ、私のしたいことだと思った。小中学校で子供たちや先生方へ指導させて頂く機会があるのだが、いつも河村先生が私の中にいると感じる。私はいつも河村先生の教えと、そこから学んだ自分の人生を伝えている。それを先生方や子供たちがまっすぐに受け取り、音楽が変わり、その学校全体が変わる。それが音楽の力なのだ。河村先生はそれを教えて下さった。迷った時は、「惠三ちゃんのしたいようにすれば良いよ」という先生の優しい声が聞こえる。生きていく道を教えてくれた先生へ、「ありがとう!」が言いたくて。
 先生と私と、吹奏楽部の後輩でトランペットの小池伸幸さんによる「河村愼太郎先生、ありがとう!コンサート」をしようと。
 そして、9月25日、清水文化センター中ホールで「河村愼太郎先生、ありがとう!コンサート」の幕が開く。河村先生が登場すると、そこは50年前の音楽室に変わった。先生のお話と優しい歌に、会場の全ての人が先生の教え子になってしまった。小池さんのトランペットは生きてきた人生そのままに、まっすぐで優しい。ずっと聴いていたいと思わせる音楽だ。先生と一緒に舞台に立った時、私は50年
前のおさげ髪の少女になった。先生は「笑顔いっぱい、歌声いっぱい」の世界を贈ってくれた。溢れる深い愛に包まれ、音楽に抱かれ、本当に幸せな2時間だった。50年間、思い続けてきた「ありがとう!」が皆さんと一緒に言えた。
その喜びはいつまでも温かい灯となって胸のなかにある。

 先生、今までありがとう! そしてこれからもありがとう!
         板倉惠三子
( 旧姓・大石)

そして、第二回目の「ありがとう!コンサート」が、10月18日(きん)18:30に開演する。

清水マリナート中ホールだ。

| cantatore | 歌 うた 唄 | 06:35 | comments(0) | - | - | - |
たくさんの人に支えられて 生きている、歌ってる
JUGEMテーマ:音楽
 
何年前だったろう、「1963-ピアフのいた秋」の公演の前に、熱が出て、喉が痛くてという状況になったことがある。
いつもの私の主治医の「増田耳鼻咽喉科」の先生に診てもらっていた。
本番前日がちょうど先生の病院がお休みの日。
熱がまだあるような気がする。
喉が痛い。
そこで、隣町の総合病院に行った。
「明日、大事な仕事があるんです。
熱があるような気がします。
注射を打って下さい」
熱があるような気が ・・というのは、体温計で測っても平熱だったから。
... すると、その先生「注射打っても治りません。
どんなお薬飲んでますか?」
薬を伝えると、
「良い先生ですね、それいじょの薬は、出せませんよ。
熱がないような気がするお薬を出してあげましょう。」
行きは、暗い顔していた私。
帰りは、スキップして帰りました。
「注射打っても治らないんだ。
じゃぁ、自分で治すんだ。」
当日のリハーサル、それでも怖くて、あまり大きな声を出さなかった。
音響さんが「板倉さん、ちょっと抑えて歌ってますか?」
はーい、本番はもっと出します
と、返事はしたものの。
調子が悪かったのを知っていたピアニストの伊藤さん、演出の麻創先生、語りの石黒さん、
「何が起こっても大丈夫。
倒れたら、ピアフ、大丈夫か?と抱きかかえてあげるよ。
台詞とんだら、ピアフの分まで語ってあげるよ」
何と素晴らしいみんなに支えられているんだろう!
声は何時ものように出なくても、倒れても、ハートでピアフを生きる!
そう思って、舞台に。
すると、歌い出した私が驚くほど、すーッと声が伸びていく。
心がしなやかに、情熱的になっていく。
幕がおりた後、舞台袖で麻創先生に抱きついた。
ありがとうございます。
伊藤さんにも、石黒さんにも抱きついた。
この素晴らしい仲間に、「本当にありがとう!」
そして、「増田耳鼻咽喉科の増田先生、ありがとう!」

その増田先生、今日の診療を終えると、院長を息子さんに。
この診察室、もう30年も通って、いつも助けてもらってきた。
どの患者さんにもやさしく、それぞれの趣味の話をしてくれる。
怒った所を見た事がない。
座るとこを見た事ない。
休んだことがない。
「ありがとうございました」と、心から感謝を述べて、
私のCD4枚、プレゼントしてきました。
今度は、若先生にお世話になります。
| cantatore | 歌 うた 唄 | 17:36 | comments(0) | - | - | - |
板倉歌奈子thirdリサイタル チラシ
JUGEMテーマ:音楽



12月の歌奈子さんのリサイタルの仮チラシが印刷されてきました。
ほーっと一安心。
裏面は後で作って本チラシを完成させます。
6月には歌奈子さんの名古屋でのライブ、ピリカ会演奏会などありますので、
その為に、ちょっと慌てて作ったこのチラシ。
でも、色々と勉強して、私のチラシより上手く出来たかな という気がしています。
チラシを作っている最中に、私にも出演オファーがありました。
裏方や宣伝美術だけでなく、私も歌います。
珍しく、何も仕事のない今日は、主婦しますか!
| cantatore | 歌 うた 唄 | 10:04 | comments(0) | - | - | - |
「アースデイいわきinなごや」
JUGEMテーマ:音楽
 3月24日(日)15:00〜15:30
久屋大通り公園にて、「earthdayいわき in なごや」のイベントがあります。
震災の後、自主避難をしてきた吉田拓也さんが主催しています。
自主避難したことすら、良かったのか悪かったのかと、悩む日々があったそうです。
心は故郷へ 故郷へ と思ってもそれもかなわない日々。
そんな想いで苦しんでいる境遇の人にも届けたい、また故郷へも届けたいと、一人で始めました。
知らない土地で、勇気が要ります。
その吉田さんに手を差し伸べる人が一人、一人と増えていき、23.24久屋大通り公園でのイベントが出来ることになりました。
フェイスブックのお友達から「板倉先生の歌を贈って欲しい」と、メッセージをいただき、喜んで、参加することにいたしました。
勇気や愛をたくさんお贈りしたい。
予定曲目は、
「道化師のソネット」
「未来へ」
「希望という名の光」
など、皆さんよくご存知の曲目を選びます。
どうぞたくさんの皆様、おいでくださいね。
| cantatore | 歌 うた 唄 | 21:24 | comments(0) | - | - | - |
清水東関東地区同窓会
JUGEMテーマ:音楽

昨日の清水東関東地区同窓会での私のパンフレット。
これは幹事さんが作って下さったもの。
私より11才若いバリバリの方々!
私を紹介してくれる、こんな素敵な言葉やデザインのパンフレット、見たことがない。
ファンの言葉として書かれている文章を読んで、私の方が感動した、嬉しかった。
この想いに応えねば!と強く思った。
... 名刺交換するなか、談笑する中、分け入り分け入り、歌った!
楽しかったよ。
撮って下さってる方に、「ぶれますけど」と思いながら・・・・
続きを読む
| cantatore | 歌 うた 唄 | 15:40 | comments(0) | - | - | - |
facebook
JUGEMテーマ:音楽
 
おはようございます
本日も早起き!主人は溶接をもう始めました。
「いいの?こんなに朝早くて」
大丈夫、そっとやるから と言って 隣の工場にご出勤。
さて、facebookでの出逢いに感謝しているというお話、第二弾です。
私は去年の6月にfacebookに参加しました。
静岡県立清水東高等学校 出身なのですが、同窓の後輩の方からコメントをいただきました。
2012年6月23日(土)歌って欲しい・・・・
明日でございます。
それは東高関東地区同窓会で、たくさんの方々がお見えになる会で、毎年、幹事の学年の方が頑張って企画していました。
... 11年前、私と同じ学年の方が幹事の年には、私も呼ばれて歌いました。
その時は伴奏をカラオケに作って歌いました。
今年も幹事の方々の相談がもちろん必要なので、即決ということではないのですが、とても熱心にお誘いをうけました。
一度も聴いたことのない私の歌をどのように感じて誘ってくださったのでしょうか?
縁!
facebookで私を見つけ、「この人に歌ってもらおう!」と思われたそうです。
不思議ですね。
そして、私のCDを是非という事で、「1963−ピアフのいた秋」を買っていただきました。
それから、それから・・・・
明日は、ピアにストの伊藤昌司さんとともに、品川まで行って歌ってきます。
待ってて下さい、心を込めて歌います!
「ありがとう!愛!」
| cantatore | 歌 うた 唄 | 07:18 | comments(0) | - | - | - |
facebook
JUGEMテーマ:音楽
 
facebookでの出逢いに感謝している。

美しくて見惚れる加藤忠宏さんの写真にコメントをした。
富士山と桜の写真に・・・・・「ここで歌いたい!」
加藤さんからは、「聴いてみたいですね、立っていただきたいですね」というコメントをいただく。
facebookについての色々な事を勉強させていただいていたある日、
加藤さんのコメントに「板倉さんの歌っている写真 撮ってみたいですね」と。
私は、「加藤さんに撮っていただけたら嬉しいなぁ!」と心密かに思っていたので、
「撮っていただけますか?ライブがあります。」
「いつ? どこで}」
... お忙しい加藤先生ですが、「あっ、その日空いてます」とのこと。
そして、当日のライブを撮っていただけることになりました。
そして、加藤先生に私のCDをお送りし、聴いていただきました。
「思っていた声です」と。
そして
「アーチストの写真を撮るのは、曲とか作品から興味を感じてから撮る物ですが、板倉さんには人間として興味があります」とも言っていただいた。
きっと歌声が聞こえるような、流れてくるような写真になると信じている。

私のようなプロダクションに所属していない歌い手にとって、お客様への告知、ご案内は、アナログのものでしかなかった、今までは
facebookを通じて、私の歌を聴いたことも、観た事もない方々に観て、聴いていただける、本当に嬉しい!
私にしか歌えない世界、たくさんの愛や、癒しや、希望をあげたい
想像する世の中のコンサートとは全く違う板倉惠三子の歌をどうぞ聴きに来てくださいね。
7月1日(日)13:30~昼公演  お席はまだ少しあります。
        18:00~夜公演  お席はまだあります。
静岡市清水区 マーカムホール
ワンドリンク付き 4000円 当日4500円
お申込みはコメントでも結構ですが、前日までにお知らせいただければ受付にご用意させていただきます。
お電話でのお申し込みは
090-1785-9092(板倉)までどうぞよろしくお願い致します。
| cantatore | 歌 うた 唄 | 18:52 | comments(0) | - | - | - |
歌と人生と
JUGEMテーマ:音楽



これは1999年11月8日の「名古屋タイムズ」の記事です。
私、53歳ですって!

よく色々な雑誌や新聞の取材を受けます。
そんな時、一つの質問に対して、正しい事を言おうとすると、私の人生全てを話さなければいけません。
話すのです。包み隠さず!
それには時間がかかります。
エネルギーが要ります、話す方も、聞く方も。
だんだん、記者の方は、メモを取るのも忘れて聞いてくれます。
... 面白いんだそうです。うん、私も 私の人生 面白いから!
最終的に、「ここは書かないでくださいね」と断って話すそのことが、一番書きたい部分であるようです。

いつか書かねばならぬ とは思っていますが、時間がない。
今の私は、それらすべてを表す歌で表現している。
歌の中に人生を!
| cantatore | 歌 うた 唄 | 06:30 | comments(0) | - | - | - |
メンテナンス・・・耳 鼻 喉
JUGEMテーマ:音楽
 
耳鼻科にメンテナンスに来ています。

私は、首から下は本当に元気!
ところが、首から上が良くない!

顔?それは好きずきだから、大丈夫い!
鼻が悪く、耳も。
小さい時から中耳炎を何回もやって、鼓膜が硬くなっている部分もあります。そうでもない部分もあります。
そのせいで、私、音が二つ聞こえるのです。
主な音、これが普通の人が聞こえる音。
その下に低い雑音のような音も聞こえるのです。
... 一緒に聞こえるので、自分の声を小さく感じているのです。
この二つの音が、たまに、同じ音になる時があります。
その時は、ビックリするほどの自分の声!
耳鼻科の先生は「それが普通の人が自分の声と認識している声ですよ」
私は私の声を小さいと思っていても、半端ないボリュームのようです。
一週間に一度くらいは、本当の声が聴けます。
耳鼻科のメンテナンスには、この鼓膜をマッサージする事も入っています。
首から上はお仕事に大事なところ。

歌わなくなったら私は私じゃない!

60歳の時、あと20年歌おうと思いました。
65歳になった時もあと20年歌おうと思いました。
でも、シャルル アズナブールは19才年上ですが、(85歳)
素晴らしい歌を歌い続けています。

66歳の私も、あと20年、歌い続けましょう!
頑張りマッスル!
| cantatore | 歌 うた 唄 | 18:10 | comments(0) | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
blogram投票ボタン
「大根列車」と「明日へ繋ぐ歌」
刈谷市総合文化センター
6/17(金)18:30〜 6/18(土)14:00〜
ひと組・板倉惠三子・歌奈子・伊藤昌司
入場料:3000円
二枚組CD
1963・ピアフのいた秋

演奏:板倉惠三子・石黒寛・伊藤昌司・ながたひとし・板倉歌奈子
制作負担金:3500円
CDリリース!
「河村愼太郎先生、ありがとう!コンサート」

演奏:河村愼太郎・板倉惠三子・小池伸幸・伊藤昌司
制作負担金:3500円
「ソングレターファミリーコンサートCD」

演奏:板倉惠三子・伊藤昌司・板倉歌奈子・内田玲・ひらののりこ
二枚組:3800円
「歌の天使に抱かれて!板倉歌奈子ファーストアルバム」

演奏:板倉歌奈子・惠三子・伊藤昌司
二枚組:3000円
チケット、CDなどのご注文はこちらへどうぞ!
こちらをクリックしてね
電話・FAXは
0566-53-3108まで。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マーガレット
マーガレット (JUGEMレビュー »)
マーガレット・ホワイティング
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
わが弟シャルル・アズナヴールの想い出
わが弟シャルル・アズナヴールの想い出 (JUGEMレビュー »)
アイーダ アズナヴール=ガルヴァレンツ
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
アズナヴール―ハートのキング
アズナヴール―ハートのキング (JUGEMレビュー »)
アニー レヴァル,ベルナール レヴァル
+ RECOMMEND
When I Dream
When I Dream (JUGEMレビュー »)
キャロル・キッド
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ カンタトーレ静岡会のレッスン
見学はご連絡いただけたらご自由にできます。 
楽しいレッスンです。
ご連絡下さいね。 
お待ちしています。
+ PROFILE
+ PR