「心に響く歌声を カンタトーレ」

板倉恵三子の「心に響く歌声を カンタトーレ」に集まれ!
piafblogmiror.jpg
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
馬場裕子さんのCD
JUGEMテーマ:音楽

101127_190716.jpg


こちらが馬場裕子さんのCDです。
娘さんのchi-ちゃんはお母さんそっくりです。

とても癒される歌、歌です。

「啄木に寄せて歌える」より

初恋
やわらかに柳あおめる
友の恋歌
ふるさとの空
口説
夜霧
口笛

「思い出の童謡、日本の歌」

花嫁人形
青い眼の人形
花かげ
七つの子
十五夜お月さん
出船

「ロシアの歌曲、アリア、民謡」

歌うな 美しい女よ
あふれる涙 胸に秘め
ああ 私の運命 悲しい運命よ

「Pf、Fl、Sopのための」

お母さん 叱らないで
赤いサラファン
霧深き朝
夕べの鐘
なつかしきヴォルガ

私は、「初恋」 と「赤いサラファン」が好き。
友人は「お母さん、叱らないで」が好き と。

あなたもどうぞ聴いて下さいね。

お問い合わせは 板倉まで(0566-53-3108)

| cantatore | 馬場裕子 | 19:14 | comments(0) | - | - | - |
馬場裕子さんのCD
JUGEMテーマ:音楽
馬場裕子さんのCDを何人かのお友達にプレゼントさせていただいた。
今日、その方と会って感想を伺った。
「先生の声に似てる。娘さんが先生の舞台をみて、お母様に重ね合わせて聞かれた事、よくわかります。
そして、感性が素晴らしく、普通の声楽家が何気なく歌うところに、細かな感情の起伏が感じられて、本当に素晴らしい歌でした。」
との事。

なんだか、私まで嬉しくなった。

華のある素晴らしい声楽家だったと思う。
そして、何より、感性の豊かな声楽家だったと思う。

今日の友人に「赤いサラファン」を歌うことを勧めた。
馬場さんの歌詞で歌いたいとの事。
また、楽譜を書こう!

ps:馬場裕子さんのお誕生日は11月24日、そして私は11月25日。
縁ですねぇ!
 

101125_205643.jpg

そして、こちらはその娘さんのchi-ちゃんから贈られた「妖精」

101125_205929.jpg

壁掛けにしています。
長いドレスが素敵ですね。

| cantatore | 馬場裕子 | 19:29 | comments(2) | - | - | - |
いのちは歌と共に
JUGEMテーマ:音楽
いのちが生まれる時、歌と共に喜びを生み出す指導をした、素晴らしい声楽家がいます。

その方は「馬場裕子さん」(ばばひろこさん)です。
お母さんの鼓動と赤ちゃんの鼓動を合わせるがごとく、妊婦さんたちに腹式呼吸を教え、それぞれの方の好きな歌を指導しました。

産室に「メリーウィドゥ」の歌声が響く事も、そして「翼を下さい」も。

それは本当に幸福な誕生ですね。
母にとっても、生まれ出たいのちにとっても!

「歌う出産」で生まれでた命は、歌を繋げ、命を繋ぎます。
「偲ぶ会」にも、母の歌と共に生まれた赤ちゃんと、そして母の歌と共に育っている小さなお子さんがいらっしゃいました。
みんなで歌ったBelieveビリーブを指揮している私の側で楽しそうに踊っている子。
歌に満ちた幸福な日々をと、祈りました。
| cantatore | 馬場裕子 | 10:17 | comments(0) | - | - | - |
出会い
JUGEMテーマ:音楽
 その方と初めて会ったのは、6月5日、まだ5カ月前でした。
もう5カ月も経ったのかというより、まだ5カ月前なのか・・・

「1963・ピアフのいた秋」の中川文化小劇場公演のロビーコール。
お客様にありがとうのご挨拶をしていた時です。
まだ何十人もいらっしゃったその時、すっと前にきた方、
「母と会ってほしいです、舞台上の惠三子さんを見て、母を思っていました。
本当なら、母と来たかったのですけれど・・・」
溢れる想いでたくさんの事をお話になりました。

その初めての出会いから、私は彼女からお手紙をいただきました。
その中には、お母様のCD、そして、新聞記事。
「えっ、この記事、私読んだわ」

朝日新聞に連載されている時、若年性糖尿病を15歳で発症し、病と闘いながら、今は声楽家として、また、後進の指導をしていらっしゃる馬場裕子さんという方のこれまでの道のりを読んでいました。

そして、同封のCDを聴かせていただき、その≪声≫の美しさに驚きました。
銀鈴を震わせるような・・・との形容がぴったりする彼女の歌には、優しい想いや、いつくしみがあふれていました。
中でも素晴らしいと思ったのは「赤いサラファン」
フレージングが今まで聴いたことのない柔らかさで、スーっと入ってきます。
そして「初恋」
自由に、お空を漂っているような・・・

そして私は、私のCDを送りました。
お母様と一緒に聴いて下さい、そしてお母様にお会いしたいと。

それから1カ月以上経った頃、彼女からお電話をいただきました。
「あのね、あのね、いたくらさん、あのね」

お母様が亡くなったことを聞きました。

「板倉さんのCDを聴けません。母へ贈る七通の手紙を聴いたら泣いちゃいます」と。
私は、「聴いて下さい、そして我慢しないでおもいっきり泣いて下さい。
でもきっとお母様はもうあなたの身体の中にいらっしゃいますよ。
それを信じて!」

それから、彼女は聴いてくれました。
それまでは涙を流しながらも、こらえていたことの方が多かったのでしょう。
私の歌を聴きながら、おもいっきり泣いて、泣いて、泣いて・・・・

そしてお電話をくださいました。
「泣けました。そして心の中の母の声を聴いたように思えます」と。
| cantatore | 馬場裕子 | 08:52 | comments(2) | - | - | - |
JUGEMテーマ:音楽
心のこもった歌を歌う声楽家がいました。

優しく透き通る声は、けがれがありません。

会いたかった!
お話ししたかった!

福島に住んでいらっしゃるお嬢さんと、一度お会いして、昔からの友と感じました。

何がそう思わせたかはわかりませんが・・・・

今日、私は、神奈川で開かれるその声楽家を「偲ぶ会」で、大事な歌を歌ってきます。

あなたが言いたかった事をあなたの代わりに歌いますね。

どうぞ、皆さんを見守っていて下さいね。
| cantatore | 馬場裕子 | 12:19 | comments(0) | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
blogram投票ボタン
「大根列車」と「明日へ繋ぐ歌」
刈谷市総合文化センター
6/17(金)18:30〜 6/18(土)14:00〜
ひと組・板倉惠三子・歌奈子・伊藤昌司
入場料:3000円
二枚組CD
1963・ピアフのいた秋

演奏:板倉惠三子・石黒寛・伊藤昌司・ながたひとし・板倉歌奈子
制作負担金:3500円
CDリリース!
「河村愼太郎先生、ありがとう!コンサート」

演奏:河村愼太郎・板倉惠三子・小池伸幸・伊藤昌司
制作負担金:3500円
「ソングレターファミリーコンサートCD」

演奏:板倉惠三子・伊藤昌司・板倉歌奈子・内田玲・ひらののりこ
二枚組:3800円
「歌の天使に抱かれて!板倉歌奈子ファーストアルバム」

演奏:板倉歌奈子・惠三子・伊藤昌司
二枚組:3000円
チケット、CDなどのご注文はこちらへどうぞ!
こちらをクリックしてね
電話・FAXは
0566-53-3108まで。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ CATEGORIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
マーガレット
マーガレット (JUGEMレビュー »)
マーガレット・ホワイティング
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
わが弟シャルル・アズナヴールの想い出
わが弟シャルル・アズナヴールの想い出 (JUGEMレビュー »)
アイーダ アズナヴール=ガルヴァレンツ
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
アズナヴール―ハートのキング
アズナヴール―ハートのキング (JUGEMレビュー »)
アニー レヴァル,ベルナール レヴァル
+ RECOMMEND
When I Dream
When I Dream (JUGEMレビュー »)
キャロル・キッド
+ RECOMMEND
+ ARCHIVES
+ カンタトーレ静岡会のレッスン
見学はご連絡いただけたらご自由にできます。 
楽しいレッスンです。
ご連絡下さいね。 
お待ちしています。
+ PROFILE
+ PR